■施術者

 間 純一郎  はざま じゅんいちろう
 
 川崎生まれ、千葉県育ち。法政大学卒業後、民間企業にて
 商品企画開発(健康・エコ雑貨)を担当。
 モルディヴ共和国アトール行政省マーフィラフシ島プロジェクト参加(3年間)、
 マザーテレサの施設「死を待つ人の家」でのボランティアを経て、 
 東京衛生学園専門学校東洋医療はりきゅう学科卒業。
 日本で数少ない命を預けられる東洋医学臨床家石原克己氏
 に師事。鍼灸と養生の基礎を学ぶ。

 日本刺絡学会理事・認定委員、東京九鍼研究会講師、
 東京衛生学園専門学校臨床教育専攻科非常勤講師
 臨床実習(夜間)担当講師
 臨床体験実習指定施設
 関東鍼灸専門学校非常勤講師、地域健康教室講師

 レイキティーチャー(アチューンメント応相談)
 ファミリーコンステレーション(家族療法)2期3期トレーニング修了
 HIJ(ヘリンガーインスティテュートジャパン)認定ファシリテーター
 シータヒーリングプラクティショナー(基礎DNA終了)

 時々本業以外に知的障害者外出援助、ディベヒ語通訳など


 所属団体:日本伝統鍼灸学会
        (2005年:第33回東京大会事務局)
        (2012年:第40回東京大会事務局)
         日本刺絡学会
        (2009年:第18回東京大会事務局)
        (2012年:第21回大阪大会実行委員長)
        東京九鍼研究会
        日本抱っこ法協会


 研究発表等:
        「テイ鍼による経絡現象に関する一考察」
         石原克己・間 純一郎・高田裕美・藤井美弥子
        (日本伝統鍼灸学会/東京 2000年)

        「手掌部の刺絡が特に奏功したばね指の一症例」
        (日本刺絡学会/東京 2006年)

        「障害児・者治療での刺絡鍼法の可能性を考える」
        (日本刺絡学会/高知 2007年)

        「治療の切り札としての刺絡鍼法の可能性」
        パネルディスカッションパネリスト:簡明刺絡鍼法 
        (日本刺絡学会/大阪 2008年)











■ときどきスタッフ(保育他担当)

 間 紗由子  はざま さゆこ
 1967年生まれ。群馬生まれ、千葉県育ち。
 幼児、障害児・者との関わり歴25年。














■名誉看板娘(祖母)

  間 ハツヨ  はざま はつよ
 1913年生まれ。長崎県佐世保市出身。
 2013年11月満99才345日の人生を終え
永眠しました(画像は90歳前後)
生前お世話になりました皆さま
どうも有難うございました。




          
         


                        










                                 
           






           



           



                                


                       

          



                                        








                        



TOPページへ

施術者・スタッフ紹介